医療脱毛でも大事!脱毛と保湿の関係とは?

脱毛サロンなどで脱毛をした人なら分かるのですが。脱毛したあとは、保湿がとても重要です。
もちろん、医療脱毛でも保湿はとっても大事なんです。
いくら安全だからといって、保湿を怠ることは、脱毛サロンよりもしっかりしてないってことですね。(^_^;)

では、どうして脱毛と保湿は切っても切れない関係にあるのでしょうか。
脱毛を始めたい人や脱毛後に肌がなんだかカサカサする…という人に向けて説明していきたいと思います。

【脱毛あとのお肌はとても敏感に…】

脱毛した直後の肌は毛穴が開き、とても敏感な状態です。
しかも、脱毛は熱で毛を焼ききるので、熱を帯びるのです。そのため、
冷却と保湿が必要になるのです。冷却はローションで開いた毛穴をひきしめて、
クリームでしっかりと保湿をすることによって。施術後のお肌を鎮静させることができます。

【保湿をしっかりしていないとどうなるの?】

保湿をしっかりしていないと、とても大変なことになります。
肌がカサカサしたり、毛穴にバイキンが入ったりすると、化膿する可能性があります。乾燥も肌の大敵なので、
乾燥しているとせっかくアフターケアしてもらったプルプル肌がいっきに砂漠肌になってしまいます。
なので、保湿はとても重要なのですね。

【自分の持っている化粧水や保湿乳液じゃダメなの?】

保湿力の高い化粧水や乳液だったら大丈夫なようです。
ただ、クリニックやサロンでもらったローションや保湿クリームを使ったほうが効果的なようですね。サロンだと買うことになりそうですが、
クリニックだと無料で出してくれるところもあります。

このように脱毛と保湿は切っても切れない関係にあります。
キレイな肌で脱毛をしたい人は真剣にやったほうがいいと思います。
そうすれば、将来的には美しく誰もがみとれるお肌になれるでしょう。