医療脱毛のカウンセリングは必ず医師がやる?

医療脱毛といえば、クリニックや皮膚科などで施術ができる脱毛のことです。
元々脱毛というのは医療行為なので、医師免許を持っていない人(エステなど)が毛根を破壊することは法律で禁じられています。

脱毛サロンが脱毛をすることができるのは、毛根を完全に破壊しきっていないからです。そのため、脱毛サロンでは完全な永久脱毛は望めないのです。

医療脱毛は、主にクリニックか皮膚科で受けることができます。
医療レーザー脱毛なので、国から認可を受けた医療機関のみでの扱いになります。クリニックに行くとカウンセリングをしてくれると思いますが、
必ずしもお医者さんがやるとは限らないんです。

クリニックには専門のカウンセラーさんがいて、女性の悩みや不安、疑問を聞くためにいます。それとはまた別に看護婦さん、そしてお医者さんがいます。

皮膚科の場合は、医師が直接カウンセリングするケースも多いですが。
クリニックの大半はカウンセラーさんがカウンセリングするパターンが多いです。看護婦と似たような格好をしていることが多いので、カウンセラーじゃなくて医師の判断を仰ぎたい場合は、相談するか。そういった医師が診察・カウンセリングしているクリニックに行くのが一番の得策です。

カウンセリングは、女性の悩みであったり不安。疑問をどんどんぶつけてみましょう。聞きたいことがもうないですというぐらい。きっちり納得のいく回答であったり。親身になって応えてくれるクリニックはとても良心的といえるでしょう。脱毛するにあたって悩みは多いですから、カウンセリングで十分な判断をして全身ツルスベ計画を実行してみましょう。

肌トラブルなどが心配な人はあらかじめ、予約の際に書いておくと
そのことについての説明などに関しては医師から説明があるはずなので、
忘れずに記入しておくことが大切になってきます。

初めての脱毛をするのに医療脱毛をしたい時は不安ですから
カウンセリングの際にどんな人がカウンセリングするのか見ておくといいでしょう。